院長 /  獣医師

佐野 晋

SANO SUSUMU
Profile

大分県大分市出身

最終学歴 酪農学園大学 

獣医学部臨床繁殖学教室

所属学会 麻酔外科学会 

会員 東京都獣医師会 SYNTHES TPLO Seminar for expert 修了 SYNTHES plating seminar 修了

AO VET Small Animal Principles Course

スタッフ紹介

staff

ご縁を大切に、丁寧に診察させて頂きます。

院長

佐野晋

獣医師

落合勇吏

看護師

鈴木茜

明るいムードメーカーで動物を癒します。たまにおっちょこちょいです。

看護師

篠原陽香

フードマイスターandしつけの資格を持ち、優しい接客に定評があります。当院の看護師リーダーです。

佐野理人

井上さくら

院長とは開業前から一緒に働いています。雰囲気がふんわりしてますが、仕事はとても丁寧です。

佐藤くるみ

一生懸命で頑張り屋さん。

メガネが似合います。

その他のスタッフ

佐藤史香

エキゾチィック好きでハリネズミや鳥を飼育しています。明るく元気な乙女です。

院長 /  獣医師

佐野 晋

SANO SUSUMU

臨床の場で教えてもらった「愛」という力

スローロリスイメージ画像愛らしいものを目の前にすると、何故、抱きしめたいと思うのですか?

抱きしめられたいと思うのですか? 獣医をしていて、この感情が治療にも大切なものであると気付く出来事がありました。

 

以前、自分が飼育する事となっていたサルの子供がいました。 その子供は体が弱く、すぐに具合が悪くなってしまいます。 何度も具合が悪くなる度に寝る時間も削って手当てをしていきました。 その度に良くなってくれるのですが、またしばらくすると、具合が悪くなってしまうの繰り返しでした。

 

あるとき、いつもの様に具合が悪くなったのですが、忙しいことを理由にして、決められた時間に、決められたお薬をのませるといったシステマチックな治療しか行いませんでした。 その子供の不安な気持ちを理解して、一緒に頑張ろうねと、きっと楽になるねと、付き添って、向き合って、支えてあげなくてはいけなかったはずなのに。。。

 

結局、僕はその子供を助けてあげられなかったのです。 きっと、どうしようもなくひとりでは不安で不安で、お母さんに抱っこしてもらいたかったんだど思います。 体に必要なお薬をあげるだけでは動物は助からなかったのです。心にも栄養を与えてあげなければいけなかったのです。

 

僕は医療に愛情が必要だという事を身にしみて感じました。あなた達のお母さんやお父さんが、抱きしめてあげるだけで子供は安心し、そして勇気をもらうのです。

「抱きしめてあげるだけで?」そう思うかもしれませんが、その行動が子孫を残す為には絶対必要不可欠なものであると思います。

抱きしめられた動物は又、自分がお母さんやお父さんになった時に子供を自然と抱きしめてあげることが出来るでしょう・・・。又、安心と勇気をもらうことが出来るでしょう・・・。

どうぞ、めいっぱい抱きしめてあげて下さい。そして愛を教えてあげて下さい。

獣医師

落合 勇吏

OCHIAI YUUSHI

埼玉県出身の落合です。昔から亀や魚が大好きで飼育してきました。当院では、そのキャリアをいかし主に爬虫類を担当させて頂いております。どんな些細な事でもご相談ください。