© 2017  Sano Animal Clinic. All rights reserved.

ご予約 / お問い合わせ

診療時間火〜日 午前10:00~13:00 / 午後15:30~19:00

月 午前10:00~13:00 / 午後15:30~17:00

休診日金曜日

  • Facebook

Hospital facilities

院内設備・風景

内視鏡

内視鏡は消化管内の異物摘出や胃がん、リンパ腫、胃腸炎などの診断に有用です。また異物の大きさにもよりますが、開腹手術に比べ少ない負担で異物除去ができます。

エコー

最新の超音波診断装置によって痛みや傷を伴うことなく心臓や消化器などを検査することができます。レントゲンと組み合わせることでさらに正確な診断ができます。

超音波手術システム

高いシーリング&切開能力があります。 幅広い手術で活躍し、小動物の手術にも最適な設計になっています。

ドレーゲル全身麻酔器

動物医療では麻酔下で行う処置や手術が多いため、麻酔の役割とその管理は非常に重要です。当院では人用の高性能麻酔器を導入し、より安全できめ細かい麻酔管理を行っています。

心電図

血圧・呼吸数・麻酔深度を精密にリアルタイムで描出し、より安全な麻酔管理を可能にします。

レーザー

体表面のイボやシコリを無麻酔で取り除くことができます。また、癌やヘルニアの痛みを柔らげる疼痛緩和療法も行なっています。レーザーの大きな特徴は副作用が少ないことです。

レンドゲン

骨や内臓の異常、異物の誤食など様々な診断に役立ちます。当院では画像を電子記録しているので、いつでも以前の状態と比較することが出来ます。

デジタルX線画像診断DRシステム

動物専用のデジタルX線画像診断システムです。デジタル化することにより各診察室のパソコン画面上に送信することができます。

ドライケム動物用生化学自動分析装置

血液中の液体成分(血漿、血清)を調べることにより、肝臓や腎臓等の内臓の異常や、血糖値、コレステロール値、電解質(体液バランス)などの異常を検査します。

ドライケム ホルモン測定器

ホルモンを測定し甲状腺や副腎皮質の機能異常を調べます。

全自動血球計数器

微量の血液で赤血球や白血球などを60秒以内に測定します。

動物用生化学自動分析装置

少量の血液で特定の項目の血液生化学検査を行うことができます。主にエキゾチックペットに使用します。

犬舎

入院中やホテル中の子をこちらでお預かりします。